主婦が借入れを行う場合、仕事をしているかどうかが重要

仕事をしている主婦のケース

消費者金融・銀行カードローンともに借入OK

正社員はもちろんのこと、派遣社員、パート、アルバイトなど自分で働いて給料を受け取っている主婦は選択肢が広くなります。
定収入がありますから、消費者金融および銀行カードローンのどちらでも融資の申し込みが可能です。

消費者金融は総量規制に注意が必要

ただし消費者金融では総量規制対象なので、年収の1/3以上は借入できません。

専業主婦のケース

消費者金融は借入不可

専業主婦は自身の収入がありませんから、消費者金融でお金を借りるのは原則として不可となってしまいます。

一部の消費者金融では配偶者貸付制度が設けられており、夫の年収と合算して申請することで借入可能な場合もありますが、手続きや書類が非常に面倒なことから利用者がほとんどいないのが実情です。

銀行カードローンなら借りられる

銀行カードローンは総量規制対象外です。
そのため年収による貸付制限がなく、銀行カードローンの中には夫に安定収入があることを前提に、専業主婦向けの貸付を行っているところもあります。

気になるのが家族バレ

主婦がキャッシングを利用するとなると、どうしても気になるのが夫や家族の目ではないでしょうか。
やはり借金ですからできるだけバレないようにしたいというのが本音ですが、カードローンならその心配もクリアできます。

審査対象は本人だけ

審査の段階で旦那の個人情報が調査されたり、職場に電話されてしまう心配はありません。
あくまで審査されるのは申込者本人のみになります。

必要書類も手軽にそろう

主婦の借入は比較的少額であることが多く、必要書類も本人確認書類だけでOKというケースがほとんどです。
また配偶者の同意書や収入証明書は一切不要で申込できるので、夫にもバレにくいのです。

申込はネットか自動契約機で

インターネットや自動契約機を利用すれば、よりスピーディかつ周囲にも知られずに申込みができます。

電話連絡が心配なら

本人確認の際に同居家族が電話応対したら困る、という意見も多いですが、担当者もキャッシング会社を名乗るわけではないのでバレる心配は少ないといえます。

それでも不安なら携帯電話番号や連絡日時を指定してかけてもらうことも可能です。

郵送物にも気を配る

自宅へカードローン関連の書類が届くと心配です。

カードは郵送ではなく自動契約機発行にする、利用明細書はWEB明細を利用する、など対策をしておくと安心です。

カードローン会社は比較して選ぶ

カードローン会社によって金利は様々。
収入あり・なしで申込み可能なカードローン会社が変わってくるのです。
下記サイトでは主婦におすすめのカードローン会社を比較しながら選べます。

サイト名:専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン(http://www.absalompress.com/)

申込資格がないと、審査には通りません。
自分の条件に合ったローン会社を見つけてください。